海上コンテナを使って輸出をお考えのお客様へ

海上コンテナ・SOCコンテナの販売・コンテナのコンサルタント DAX合同会社

海上コンテナ・SOCコンテナの販売・コンテナのコンサルタント

 0467-33-5417

営業時間 平日9:00~17:30
info@dax-pros.com

海上コンテナを使って輸出をお考えのお客様へ


中古コンテナを使って輸出をお考えのお客様また既に輸出を定期的に行っているお客様は、中古自動車、中古自動車部品(オートパーツ)や中古建機を海外へ送られる方々が多いようです。export_by_container

私どもDAXでは、こういったお客様へ日々、日本全国から多くのコンテナをご提供中です。
お客様の輸出頻度は様々ですが、多いお客様だと毎週40フィートコンテナで10数本コンスタントに輸出しています。
すべてがSOC(お客様保有コンテナ)ではありませんが、そのうちの何本かは私どもが手配させていただいた中古コンテナをご利用いただいております。

コンテナデポ
コンテナタイプの中心は40フィートハイキューブ(40’HC)ですが、輸出する貨物の量によっては20フィートコンテナをご希望されるお客様もいらっしゃいます。 また、オープントップコンテナフラットラックなどの特殊コンテナをお使いになるお客様もいらっしゃいます。

 【コンテナの種類とサイズ】もご参照ください


コンテナを輸出する港は、日本の各主要港がその多くを占めます。

日本からコンテナ輸出東から東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、そして博多港から輸出されるケースがほとんどで、私どももお客様の輸出される港にあわせてコンテナを提供させていただいております。

各港のコンテナ搬出デポより多くのご協力をいただきながら、お客様からのご希望に迅速に対応できるよう心掛けております。

 

上記の各主要港以外でも、お客様からのお問い合わせは多くあります。北海道の苫小牧港をはじめ、富山港や仙台港などでのお問い合わせについても諸条件はありますが、できる限りお客様のご希望される港でのコンテナのお引き渡しができるよう心掛けております。

通常輸出に使用される中古コンテナのコンディションはカーゴ・ワーシー(CW)になります。
こちらは、当該輸出に使用するにあたり、海上輸送に支障のない状態のコンテナを指します。
具体的には雨漏れ・光漏れがなく、また船積みや作業の安全性を考え側面の凸凹などダメージが基準以内のコンテナになります。

40HC CW ×3
     上記が私どもDAXがご提供しているCWコンディションのコンテナの一例写真です。

外貨コンテナ(免税コンテナ)としてお客様へお引渡するコンテナには管理者変更通知書を新旧保有者間で取り交わさなければなりません。
弊社DAXでは、諸条件はありますがご希望であれば、お客様から船社情報をいただければ管理者変更通知書などの対応もさせていただきますのでご連絡、お問合せお待ちしております。

DAXへのお問合わせはこちらまで →お問い合わせフォーム
お電話やメールでもお気軽にお問い合わせください。
0467-33-5417(営業時間 平日9:00~17:30)
info@dax-pros.com