コンテナを倉庫として使用する実例集

海上コンテナ・SOCコンテナの販売・コンテナのコンサルタント DAX合同会社

海上コンテナ・SOCコンテナの販売・コンテナのコンサルタント

 0467-33-5417

営業時間 平日9:00~17:30
info@dax-pros.com

コンテナを倉庫として使用する実例集

 

20フィートコンテナ倉庫

 

① お客様N様

「20フィートコンテナを倉庫として設置したい」
とのお問い合わせを頂きました。
オレンジ矢印 ↓

DAXからお客様へ、下記事項を確認させていただきました。

1. 20フィートコンテナの必要本数

2. 詳細な住所
詳細な住所はコンテナを安全に、そしてお客様のご希望に沿って設置するうえでとても重要な情報になります。
弊社にてコンテナ輸送と設置をご希望のお客様には、ご連絡いただいた住所をもとに、コンテナ輸送の最適なルートと設置方法をお調べいたします。*1
オレンジ矢印 ↓
お客様より錆止め塗装のご依頼がありました。

弊社指定デポにて塗装が可能なことを伝え、それに掛かる費用についても速やかに連絡させていただきました。
オレンジ矢印 ↓

お客様Nには、20フィートコンテナをご購入いただき、ご希望場所へ納品させていただきました。*2

【 コンテナ輸送に豊富な経験を持つ、弊社DAXのパートナー会社と協力し
              安全かつ迅速にコンテナをお客様へお届けさせていただきます。】

*1 
過去に下記のような例があり、設置ができないということもありました。
お客様が40フィートコンテナを倉庫として購入予定であったが、コンテナを設置するためのクレーン操作の十分なスペースがなく40フィートコンテナの購入を断念されました。
倉庫としてコンテナは必要であったため、代替えとして20フィート中古コンテナを購入されました。
(20フィートコンテナはフォークリフトでも対応可能ため無事に設置することが出来ました。)

*2 
20フィートコンテナのため、フォークリフトを使いお客様ご自身でコンテナを所定場所へ設置されました。
  コンテナ設置の際のご注意点として、設置場所がコンクリートやアスファルトではなく砂利などの場合はコンテナが傾き扉が開閉しなくなるケースもありますのでブロックを置く等の準備が必要となることがあります。
  【併せて→倉庫としてコンテナを設置する際の注意事項もご参照くださいませ】

 

 設置の手配にお困りの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

コンテナ輸送と設置に豊富な経験を持つパートナー会社と協力し、安全かつ迅速にコンテナをお客様へお届けさせていただきます。
40フィートコンテナの設置にはクレーン車玉掛け作業員の手配も必要となります。ご面倒な手配はお客様の手を煩わすことなく、DAXにて対応いたします。

  →ブログ《学校の部活用倉庫としてコンテナを使用もご参照ください 

 

12フィートJRコンテナ倉庫

 

② お客様K様

「中古コンテナを倉庫として使用したく、12ftのJR貨物コンテナを探しているのですが。。。」とDAXのホームページをご覧になったお客様よりご連絡がありました。早速DAXで手配し、今回はタイミングよく貨物ターミナルで現物を見れる事が出来、お客様と出向きました。

JRコンテナ輸送
駅などでよく見かけるレンガ色の、海上コンテナと比べると小型の12ftコンテナ
がいくつか積み重なって鎮座していました。 引き込み線路にコンテナを乗せた貨車が、青空の下出番待ちをしている景色が目に飛び込んできて 電車好きな小さな男の子のようにワクワクした気分になってしまう景色でした。
オレンジ矢印 ↓

いざ、現物確認です!!
係りの方が慣れた手つきでコンテナ開錠をして扉を開てくださいました。
修繕等メンテナンスが行き届いており、しっかり床も壁も点検修理済でとても良いコンディションの中古コンテナをご提供していただきました。お客様もコンテナの中に入り床の強度確認扉の開閉をされ、コンディションや形状をたいへん喜んでいただけたようでした。

JRコンテナ内部確認 2
オレンジ矢印 ↓

今回のお客様はドレイ(配送)もDAXで手配希望でしたので、DAXで搬出日などを調整し、お客様の希望日にお約束のコンテナを搬出!

JRコンテナ2個積トラック

オレンジ矢印 ↓ そして、搬入日当日!
お客様がご用意していたフォークリフトを使い、コンテナを所定場所へ。
無事設置完了されました。

コンテナ客先搬入
 L字扉タイプなので使い勝手が良さそうですね。

*コンテナの建築確認申請につきましては、別途ご相談ください。

 

back to top_250